スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターハウステクニックその2

チャンスであり、ピンチであるモンスターハウス(以下MH)

今回は4部屋MHについてです
使うものはデス13、クラフト、ストレイキャット、ゴールドエクスペリエンス(以下GE)※1

出入り口で敵を固めます
4部屋デス

悠々とMHにおじゃまします
4部屋デス結果

敵のAIは敵同士がぶつかり合い別の通路に入り込まない限りは必ずディアボロを追いかけるようになっています
なのでひたすら通路前でうろうろするというわけですね

※1
GEでも上記のようなことが出来ます
しかし注意しないといけないことが必ず上記の眠った敵の位置にGEの花を設置しなければいけない、ということです
もしそこに置かず上記のディアボロの位置に花を置いた場合逆流を起こします
検証不足で推察ですが通路と隣接し(斜め含まず)それが移動できない場合違う通路に向かうAIなのかもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔ハヴェ分裂狩りを調べてたときにちょっと考えたことです。
すでにご存じだったらごめんなさい。
解析したわけでもないし間違ってるかも。

ディアボロが見えていない場合、
敵は部屋に入ると必ず入口(部屋に入った際視界が開けるところ)をひとつロックオンして、そこを目標地点にして歩きます。

ロックオンされた入口がない時(部屋の入り口→通路や通路で鉢合わせしたとき)は数ターン進めないと引き返しますが、
ロックオンされた入り口へ向かう行動は制限ターンが決まっていないようでずっと進もうとします。
またハンドの穴も通路として認識するため、ハンドで部屋から外に壁を掘ると新しい「入口」ができます。
なので適当な場所を部屋から外に向けて掘っておくと敵はそこで出入りを繰り返します。
この方法でもたぶん無限に足止めできると思います。

ハンドで二マス掘って隠れたり、通路で一マス掘って「返し」を作ったり、通路の適当な場所を爆破してそこで足止めしたり・・・などなど地形加工の利用法は無限だと思います。

関係ありませんが、ミスタ、ホルホース、チョコラータなどの移動のルーチンは以下のようになっているそうです。

A-1 5マス(斜めも1マスとして数える)以内にディアボロが居ると、移動Bに移行する。
B-1ディアボロに向かってくる状態と、離れていく状態があり、ミスタが部屋に居るか通路に居るで微妙に動き方が異なる。
B-2向かってくる状態で、
通路に居る場合は移動先のマスにディアボロが居ると離れていく状態に移行する。
部屋に居る場合は2or3マス先にディアボロが居ると離れていく状態に移行する。
B-3離れていく状態で、4or5マス先にディアボロが居ると向かってくる状態に移行する。

つまり、通路で隣接したら一歩下がる→素振り→一歩進むで再び隣接できます。
もちろん敵が特技を使用したターンは動かないのでその分はズレます。
チョコラータに使えないのは、「セッコに角砂糖を投げようとしたターンにセッコがいない場合」チョコラータが移動しないからで、その確率が割と高いからです。

Re: No title

色々とありがとうございます
通路で1マス掘って返しを作るって面白いですね
具体的に言うと爆弾使った時のように箱状の通路にする感じですかね?
曲がり角を利用して簡単な箱作るだけならTAでも実用そうですね
プロフィール

桃

Author:桃
ディアボロの大冒険TAやってます

カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。